高難易度のボスが実装されたことをきっかけにオンラインゲーム依存に陥った

エンドコンテンツとオンラインゲーム依存症ネトゲ依存体験記

私はネトゲを始めてから半年目くらいまでは

新コンテンツが来ても

お知らせも更新内容も見ないから

何か新しく実装されたことも気づかない程のライトでした。

 

しかし続けていくうちに、半年すぎたあたりから

ボスに勝てるようになってきたことからゲームに夢中になっていき、

イベントや新コンテンツ、新装備、新しい敵など

公式からのお知らせも欠かさずチェックするようになりました。

 

右も左もわからないうちは、ただなんとなく続けていたのですが

やり方がわかってきたから楽しくなってきたという頃でした。

 

適当に遊んでいた頃だったら

新ボスが実装されても興味なかったのですが

その時、オンラインゲームにハマっていた私は

当時新しく実装された廃ボスをソロで倒そうと試みました。

スポンサーリンク

ライトの私がエンドコンテンツに挑もうとしたことが間違いだった

普通は他のプレイヤーと組んで挑むのですが

ソロで遊びたい私は、

プレイヤーは私一人で足りない人数分は

コンピューターで動くAIで埋めて、ソロで倒したいと思いました。

エンドコンテンツをきっかけにネトゲ依存に陥った

この廃ボスの名前を仮に、廃ボスXYZとしておきます。

私の場合、プレイヤーさんの誰に勝ちたいとかではなく

ただの自己満のためでした。

ネトゲ依存症に陥ったことには元の性格も影響していた

ネトゲ依存症に陥ってしまった原因として、

ハマると一個のことに没頭してしまうという元の性格も影響していたと思います。

 

私は、普段やる気がないわりには何かにハマると

可能な限りは手あたり次第調べつくしたり、

何度でも何日でも試行錯誤を繰り返すようなところがあります。

 

普通は何度かやってみて結果を出せなかったら、それが現実の必須用件でもない限りは

利益も出ないし、つまらないので諦めると思うのですが

私は成果を出せなくても、それが用件ではなくても

飽きるまでいつまででも頑張り続けてしまうところがありました。

元々現実でもそんな感じだった、自分一人の時間でやっているから

大きなトラブルに発展したことはないけど。

 

仮に勝てたところでソロで遊んでいる私の環境ではなんのメリットもなく、

そこまで頑張り続けた動機としては

強いとされるボスに勝てたら嬉しい、それだけでした。

上級者でも難しいことをライトの私がやろうとしたのは無謀だった

ソロでやるのが100%無理ではないけど、ソロで勝つには

ゲームに慣れた人の中でも、ほんの一握りの人しか勝てないようなボスでした。

そのようなエンドコンテンツを

ライトの私がやろうとしたのが間違いでした。

 

そのボスはいつでも挑めるわけではなく、

ランダムで出没するボスだったので

いつ現れるかもわからず、

挑戦権すらなかったのも厳しかったです。

 

ソロ、攻略、ボス名でインターネット検索すると

勝った人も存在するのですが

ソロプレイかつ、ライトな私には難しいというよりは不可能でした。

勝つためには、攻略を知りつくしていることに加えて運も関わるボスでした。

明確な動機や理由なく依存してしまうことが問題だった

今となっては

なぜそんなに勝ちたかったのか自分で自分に疑問なのですが

挑戦出来る日には日付が変わるギリギリまで挑戦し続けました。

この頃が私の中で最も、ネトゲ依存症、オンラインゲーム依存症が重度だったと思います。

 

今から冷静になって当時を振り返ると勝ったところで私は何も得ないのです。

今の私から見たら、当時の私に対して、仮に勝ったらなんなの?という感想です。

どうして狂ったようにハマってしまったのか自分自身でもわかりません。

ゲームが楽しくなってきたなど、ハマるきっかけはあったと思います。

しかし、のめりこんでからの私は、どうしてそんなにゲームに執着するのか

これといった理由がなかったと思います。

ライバルに勝ちたいとか、自分のポジションとして勝った証拠が欲しいとか、

動機が明確であれば良いと思うのですが、そういったものも私にはありませんでした。

自分に何のメリットもなく、

何も理由なく一つのことに執着してしまうことこそが「依存症」なのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました