シャドウバン対策、インスタグラムで自分の投稿がハッシュタグ検索結果に出ない時に

インスタグラムのハッシュタグ検索に反映されない、シャドウバンネットやパソコンについての勉強メモ

インスタグラムでハッシュタグをつけて投稿しても

他の人はハッシュタグが反映されてハッシュタグ検索結果に出ているのに

私の投稿はハッシュタグ検索結果に出ない。

ハッシュタグの打ち間違えではなく、#の全角半角を間違えたわけでもなく(それを間違えるとリンクにならないからすぐに気づくと思います)

確実に正しくハッシュタグを入力したのに

ハッシュタグが反映されない。

自分の投稿からハッシュタグにリンクはされていて、ハッシュタグ検索結果に飛べるけど

ハッシュタグ検索結果に私の投稿が出ない。

人気投稿に出ないのは全く構わないんだけど最新という項目の、新着順、投稿日時順のほうにも出ないし投稿が100未満で間違いなく投稿順のほうには出るであろうハッシュタグでもハッシュタグ検索に出ない。

他にも色々症状はあるかもしれないけど、Instagramでの、このような状態をシャドウバン、シャドウBAN、ShadowBanと呼ばれているのだそうです。

Instagramにハッシュタグをつけて投稿しても新着順にも出ない

自分の投稿がハッシュタグ検索に反映されない原因

シャドウBAN、シャドウバンと呼ばれている現象について

アカウントが停止するようなBANではなく、投稿したり、ユーザーさんにいいねやコメントをつけるなど普通に使えるけど、何らかの規制がかかっていることが疑わしい状態をシャドウバンというのだそうです。しかしそれは公式がシャドウバンの存在を明言したわけではなく、ユーザーたちがこうなんじゃないか?と推測しているものがシャドウバンです。

どうしてこうなるのか基準がわからないし、ユーザーが自分で可能性を探っていくしかないので確かなこともわかりません。

スポンサーリンク

シャドウバン中でもハッシュタグが反映されている投稿と反映されていない投稿がある

誰かとトラブルになったことはないし嫌がらせ行為もしていません。何かに対して批判的な内容を書いたこともなく投稿内容も子供が見ても大丈夫なくらいクリーンな内容だと思います。

今日の朝ごはんは何を食べました的な、平凡な日記です。

気づいたことは、シャドウバンらしき症状が出ている最中でも私の今までの投稿の中でハッシュタグが反映されている投稿と、反映されていない投稿があることです。

私の場合は投稿直後は検索結果に載るのですが、投稿した翌日など時間を置くと検索結果に出ないようになっていると感じました。

投稿が100未満のものは検索結果に出やすく、1000とか1万とか50万とか投稿数が多いものは、検索結果に出ないことが多いような気がします。そして逆に、私しかつけていないハッシュタグは検索結果に出ない投稿がありました。

基準はわからないけど投稿数が多いハッシュタグは、最新という項目のほうにも出ない。

投稿数が多いハッシュタグは機械が判断した高品質な投稿しか検索結果に出ない可能性があると感じた

私の投稿がハッシュタグ検索に出ないので、何度か同じハッシュタグ検索を繰り返し試していたところ、新着順の投稿のほうで

一瞬だけ「最も関連性の高い投稿のみが表示されるように、非公開または低品質の投稿を非表示にしました。」と出ました。すぐに消えて、ハッシュタグで投稿した人の投稿が出てきました。

単なるバグだったのかもしれません、でもそうなのかもしれないと思いました。

投稿数が多いものは同じハッシュタグで投稿した人の全てを表示せず、機械で判断した低品質の投稿は除外するということなのかもしれません。

又、あまりに投稿数が少ないものもハッシュタグ検索に反映されないのかもしれません。

私の投稿が低品質と言われれば低品質なのかもしれません、仮に素敵な投稿をしたとしても特に問題もない一人一人の投稿を運営側が人間の目でチェックすることはないと想像するので、botに設定された除外する条件に入るとハッシュタグ検索結果では非表示にされてしまうのかもしれません。

私の投稿は写真にこだわりはなくピンボケなしで伝わればいいやくらいのクオリティしかないし、文章も伝わればいいや程度の意識しかないのでお世辞にも素敵な投稿ではありません。

なげやりな投稿はしていないと思います。

でも機械には除外される対象とみなされてしまったのでしょう。

なぜシャドウバンになるのか、無意識にやってしまいがちな原因

なぜ私の投稿がシャドウバンになってしまうのか。

思い当たることと言えば

毎回同じ文章や同じハッシュタグを使っていた
インスタを始めたばかりの頃に「follow back」私をフォローしてね、フォロー返します的な英語のハッシュタグを使って、そのままにしていた

この2点です。

 

又、自動フォローや自動いいね、自動コメントのような自動化ツールは使っていないのですが

フォロー返すとすぐにフォロー外す、自分のフォロワーを多く見せるためだけにフォローしてフォロー解除する人も当たり前に存在するのでフォロー・フォロワー管理ツールを使っていました。

スマホにフォロー管理ツールのアプリをインストールして、アプリは相互フォローかどうかをチェックすることだけに使って、フォロワーを外れた人のフォロー解除はフォロー管理ツールからではなく公式のインスタグラムから行っていました。

シャドウバンではないか?と思ってからインスタグラムに登録しているメールアドレスに何かメールが届いていないか確認したのですが、お知らせや警告は特に何も届いていませんでした。

フォロー管理ツールが原因なのか、それとはまた別のアプリ(大手企業のアプリなので悪意持った動作はまずないと思います)が原因なのか、

何が原因なのかはわからないけどインスタのログインアクティビティ(ログイン履歴)を見ると、以前から私は持っていない型番のAndroid端末からログインした形跡がありました。

しかし、アプリで連携したからなのかなとか、私の持っているAndroidがインスタでは違う型番として認識されるのかな?と思って、あまり気にしていませんでした。

念のため、フォロー管理ツールはアプリを削除してパスワードも変えました。フォロー管理ツール以外は大手企業のアプリしか使っていないのであまり原因には考えられず、又サービスが使えなくなると困るのでそのままにしています。

インスタグラムからログアウトして、インスタグラムのアプリも削除してから、もう一度インストールして入れ直し、再度ログインしました。

良いフォロー管理アプリもあるのかもしれないけど、私は確実に安全なフォロー管理ツールを見つけることが出来ないので、どっちみちこの機会にアプリ連携を解除して良かったと思う。

フォロー管理アプリの使用をやめてからは、以下の記事に書いた方法でフォロー管理しています。

アプリなしでフォロー管理する方法、インスタグラム等どのサイトやSNSでも使える
パソコンとExcelを使って、どのサイト・どのSNSでもアプリなしでフォロー管理出来る方法を紹介しています。インスタグラムのフォロワー管理も出来ますし、どのサイトにも使える方法です。アプリをインストールしないので安全にフォロー管理出来ます。

アプリと比べたら手間ですが、アプリの使用なしのオフライン作業なので、どこにも自分のパスワードを渡さないし、インスタグラム側にもなんのリアクションも起こさないので安全にフォロー管理出来ます。

振り返ると毎回同じ文章やハッシュタグを使っていた

思い当たる原因としては毎回似たような文章を投稿してしまったことと、同じハッシュタグを何度も使っていたことです。意図的にやったことではないのですが、同じ人が書いている投稿だから無意識に似たような言い回しや同じハッシュタグを何度も使ってしまうことはあります。

例えば、投稿の初めに「どーも、ayaneです。今日も楽しく行きましょー☆」みたいに毎回同じ決め台詞で始めることはよくあることだと思うのですが、こういうのも機械での判定では何度も同じ文章を打つ人とみなされてしまうかもしれないのでやめたほうが無難だと思いました。

そしてなるべくハッシュタグを使わないようにしたほうが良いと思いました、ここぞっていう今回の投稿に限ってアピールしたいハッシュタグのみに留めて、一つの投稿に使うハッシュタグは5個以下にしておくことが無難かも。

ハッシュタグで判定しているのか、ハッシュタグをつけていなくても本文で判定しているのか、又それらは全く関係なく別の原因なのかわからないので、なるべく毎回違う言葉で書くといいのかもしれません、同じことを言うにしても毎回表現を変えるとか。

私は元々積極的に交流していくほうではないので、あまりいいねが減ったという感覚はなく、シャドウバンという存在も今ようやく知ったところでシャドウバンになっているかもしれないことにも全く気づきませんでした。

私がいいねをつける時は、お気に入りの人と、いいねをくれた人にいいねを返す程度です。自分からはお気に入りの人にしかいいねをつけないので何度も同じ人にだけいいねをしている状態になっていたことも良くなかったのかもしれない。

今後シャドウバンにならない、シャドウバンを解除したいと思った時の対策

何が原因か確かなものはないので、確実なことはわからないのですが

出来る対策としては

同じハッシュタグを毎回使用しない
あまりに投稿数が少ないハッシュタグを使わない
無意識に何度も使っているような使用頻度の高いハッシュタグを使用しない
英語で、フォローしてね、フォロー返すよ的な規制にひっかかりそうなハッシュタグを使用しない
同じ人だけにいいねをつけない(日数を開けたり他の人にもいいねをする)
フォロー管理ツールを使用しない
始まりの挨拶、締めの挨拶など毎回同じ文章を打たない
ハッシュタグを使い過ぎない、5個程度に留める

気をつければ意味があるかもしれないと思ったものは以上の点だと思いました。

 

確かなことがわからないので、断言は出来ないのですが

私は以上の対策をした結果、反映されていなかった過去の投稿のハッシュタグも対策をしてから2日くらいで反映されているようになっていました、しかし

投稿数5000件のような投稿数が多いものは今も反映されていません。

100以上程度のものも反映されなくなっていたところを、上記の対策で、100以上くらいなら反映されるようになっていました。

2日~2週間一切ログインせずログアウトすれば改善された、直ったという情報もあるのですが、私はログインを控えるということはなく普通にいいねや投稿をしていましたが私の投稿がハッシュタグ検索結果に出るようになりました。

しかし、確かなことはわからないのでたまたまかもしれません。

もしかしたらシャドウバンは存在しないのかもしれない

個人的には、シャドウバンは存在しないと思う。

自分が何か良くない行動をしたからハッシュタグ検索に反映されなくなったというよりは、投稿数が極端に少ない、もしくは投稿数が多いハッシュタグを使った時にbotで判断した高品質のユーザーしかハッシュタグが反映されないようにする何かがあるのかもしれません。

たまに、もっと投稿数があるはずなのに意外と投稿数が少ないなと思うハッシュタグがありました。そういう時、botの判断で掲載基準があってそれに満たない人は載らないのかも。

シャドウバン期間中も、ハッシュタグ検索に表示されない投稿があっても、ユーザーの投稿数が1とか2とかの極端に少ないモノではない投稿数100未満のものはハッシュタグ検索結果に表示されていました。

BANやペナルティではなく、単純に投稿数が多いハッシュタグか投稿数が極端に少ないハッシュタグは、ハッシュタグ検索結果に載りにくいというだけかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました