Twitterで相手のプロフィールページからフォローを外したほうがいい理由

ツイッターでフォロー一覧からはフォロー解除しないほうが良いネットやパソコンについての勉強メモ

Twitterでフォローが片思いでフォローバックがなく、

フォローが返ってきていない人へのフォローを外して

フォロー管理、フォロー整理する時に

フォロー一覧から外すのではなく

相手のプロフィールページに行ってフォローを外したほうが良いです。

その理由は、相手にTwitterから規制がかかっていて

こちらへのフォローを外していないのに

一時的にフォローが外れたように見えてしまうことが

よくあるからです。

Twitterから制限がかかっている状態だからといって

何かものすごく悪いことをしたわけではないのです。

いいねをしすぎた、人間が見ればなんでもない内容だけどbotによるNGワードにひっかかってしまった、という感じだと思います。

スポンサーリンク

Twitter側による規制でフォローが外れた時はこのように表示される

相手がツイッターから一時的に全フォローが外れたように見える規制がかかっている時、

相手のプロフィールページに規制にかかっている旨が表示されます。

実際の画面ではなく再現ですが、以下のような状態です。

Twitterで規制がかかるとプロフィールにこのように表示される

注意:このアカウントは一時的に制限されています

不審な操作が確認されているアカウントです。表示してもよろしいですか?と表示され、

プロフィールを表示するボタンを押せばプロフィールやツイートが表示される状態です。

フォロー一覧からフォローを外すと相互フォローを失うリスクがある

フォロー一覧だけを見て、「フォローされています」という表示のない人を外していくと

ツイッターでフォロー一覧からはフォロー解除しないほうが良い

相手の意志でこちらをフォローから外したのか、それとも

本人の意志ではなくTwitter側の規制により全フォローを外したように見えるのか

わからないので

フォローが返って来ていない人をフォローから外す時は

フォロー一覧からではなく、相手のプロフィールページを見てから

外すかどうか決めたほうが良いです。

Twitterでフォローを外す時は相手のプロフィールページを見て規制にかかっていないかどうかを確認する

たまたま私がフォロー管理をしている時に、相手のアカウントに規制がかかっていて

私へのフォローを外したように見えることは意外とよくあります。

覚えていなくてフォローを外した人をまたフォローすることはあるかもしれませんが

基本的には、企業や芸能人以外で、

一度フォローを外した人・外れた人を自分の意志でもう一度フォローするということは

あまりないと思います。

お互い、自分に対して好ましくないと考えられる相手にわざわざ行くことはないので。

たった一時期の規制をフォローを外されたと思って即フォロー解除してしまうと、

相互フォローだった人を失ってしまうので

相手のプロフィールにアクセスしてから判断したほうが良いと思います。

相手の規制が解除されれば、また相互フォローしている状態に戻ります。

本人の意志でフォローを外した場合はいつも通りにツイートをしている

相手のプロフィールページにTwitterによる規制されている旨が表示されていなくて、

通常通りツイートをしているのであれば、

規制ではなく本人の意志でフォローを外したのだと思います。

ツイッターでフォローを外された時、相手がいつも通りツイートしているなら本人の意志でフォローを外した

規制によりフォローが外れたように見える人もいるけど、

自分の意志でこちらをフォローから外した人もいます。

Twitterはフォロー返ってきたら即フォローを外して自分を影響力のあるインフルエンサーのように見せかけるフォロワー増やしは規約で禁止されているので

意外と、フォロワー増やしみたいなのは今はそんなにいないと思います、フォロワー増やしは多くの人を不快にするし、たくさんの人に通報されたらアカウントが凍結するリスクがあります。

インスタでは未だによく見かけるけど…。

なぜフォローを外されるのか、規制ではなく本人の意志でこちらのフォローを外した人に関しては、テーマが合わないからということが大半だと思います。

私は色んな情報を見たいから、特に迷惑な人でない限りは、私の興味ないことをテーマとしているアカウントでもフォローしてツイートを見たいのですが

料理なら料理アカウントの人としか交流したくないという人もいます。

そういう場合に、フォローを外されてしまうのだと思います。

しかし、深く関わったわけでもないし気にする必要もないです、ネットとはSNSとはそういうものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました