依存症とは依存した対象自体が原因ではないと思っています。

日記

あくまでも個人の考えでありますこと予めご了承ください。

 

ゲームに限らず、色んな種類の依存症があります。

その依存対象に出会わなかったら、

その対象物自体には依存しなかったと思います。

でも、依存症とは、その対象物自体が原因ではないと思っています。

chestnut

近い、まわりの人は、その対象物が全て悪いかのように

「やめなさい」と 叱るケースもあります。

 

例えば、不登校の子がいたとします。

他人事として見れば、可愛そう、ゆっくり休んで、周りの人は守ってあげて、

と思うかもしれません。

しかしいざ親族が不登校になったら

何か辛いことがあって不登校になっているところを

「学校に行きなさい!」と、怒りをぶつけて更に追い打ちをかける、ということも

珍しいことではないと思っています。

 

学校を休まなければ、不登校にはなりません。

だけど、何らかの原因で心がヘトヘトに疲れているのに

学校に行き続けたら、それを「何も問題がない」と言えるのでしょうか。

 

ネット依存、ネトゲ依存も

それに近い意味だと 私は思います。

 

たまたま依存する興味対象が、それだっただけで

それに依存した原因自体は、それではないと思っています。

もし 「それ」 に 出会わなければ

それ自体には依存しないと思います。

しかし、違うものに依存するか

疲れ果ててしまうだけのように思います。

 

例えば、ネトゲに依存します。

その、依存している間は、何かやることがあります。

それは ある意味 自分を繋ぎとめているものだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました