オンラインゲームを始めたきっかけ

オンラインゲームの世界ネトゲ依存体験記

私は元々オフラインゲームですらあまりやらない人でした。

 

たまたまテレビ番組で

オンラインゲーム依存症、ネトゲ依存症のドキュメンタリーを見た時も

元々ゲームをやらない私には

それが良い悪い以前に、わからないので特に感想がなく

まさか自分が陥るとは思いませんでした。

例えば、ニュースで新しい商品やサービスが流行っていることを見た時に

まだ馴染みがないうちは知らないので「どうしてこれが流行っているんだろう?」って

疑問に感じることは誰でもあると思うのですが、そういう感じでした。

スポンサーリンク

ネトゲ、オンラインゲームを始めたのは自分の意志でした。

私がネトゲを始めたきっかけは友人が始めたからです。

とはいっても友人が楽しそうにプレイしていたからとか

誘われたからというわけでもなく、

文章や写真で交流していく

一般的なSNSやブログの代わりにいいかも

というほんの軽い気持ちでした。

スマホでSNSを見ている絵

ネトゲを知ったきっかけが友人がやっていたこと、というだけで

友人がやっていたからというのはあまり関係ないかもしれない。

ネトゲをやって、1つだけ良かったことは友人との話題になったこと

ネトゲにハマってしまったことは

当時、現実のやることがギリギリになってしまって後悔しているけど

1つだけ良かったことと言えば

先に始めた友人とネトゲの話で盛り上がるようになりました。

現実の友達とゲームの話が出来る

なにもかもが正反対で趣味が合わない友人と初めて共通の話題が出来た

先にネトゲを始めた友人とは仲は良いんだけど趣味が合わず共通点がなく、

なぜか一緒に居られるんだけど話すことがありませんでした。

性格も好きなことも楽しいと思うことも何もかもが真逆で

なぜ仲が良いのか不思議なくらいなんだけど

どっちかっていうと無駄に、浅く多趣味な私が

あれしたいこれしたいって言って

そこに付き合ってくれるような関係でした。

友人は元々マイペースでネトゲ依存になりにくい性格だった

私は元々、ハマると1個のことに集中しちゃうところがあって

ネトゲ依存に陥ってしまったけど

友人はそこまで1つのことに執着することはなくて

依存することもなく、適当にゆるくやっている感じでした、

元々オンラインゲーム依存にはなりにくい人なのだと思います。

私のようにネトゲ依存に悩むこともないように見えました。

友人と仲良くするためにネトゲを始めたわけではなく、私がやりたくて始めた

先にネトゲを始めた友人とはネトゲを始める以前から仲が良くて

決して、友人の話についていくためとか

友人と仲良くするためにネトゲを始めたわけではなく

ネトゲを始めたことは完全に私の意志ですが

ゲームをしていた時はゲームの話で会話が絶えなくて

その点は良かったと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました