お問い合わせ(Contact Form 7)へのGoogle reCAPTCHAの導入

ネットやパソコンについての勉強メモ

2018年12月追記

この記事を書いた当時は2017年8月でした。

当時はreCAPTCHAのv2というバージョンでの利用だったのですが

今、現在のContact Form 7(バージョン5.1)は、

Google reCAPTCHAのv3というバージョンのみでしか利用出来ないので、

過去に書いたこの記事はこのまま残し、

v3での導入は、新しく、こちらの記事に書きました。

お問い合わせフォームとコメントフォームにGoogle reCAPTCHA v3を導入する方法と、v3とv2の比較や使用感、もしもv2のまま使いたい時の方法
今回の記事では、コメントフォームやお問い合わせフォームへの Google reCAPTCHAのv3の導入方法を書きます。 私はお問い合わせフォームにプラグインのContact Form 7を使っているのですが Co...

又、v3ではコメント欄やお問い合わせ欄のチェック式の認証ボタンはなくなり、

右サイドにreCAPTCHAのボタンが出ている形となりました。


1つ前の記事で、

Google reCAPTCHAを使えるようにするところまで書きました。

今回は、

Contact Form 7を使用したお問い合わせで

Google reCAPTCHAが使えるように設定する方法です。

私は特に問題なく設定出来たのですが、

この記事の方法で閲覧者様に何か不利益を生じても、

当方は一切の責任を負わないものとします。ご了承ください。

スポンサーリンク

Contact Form 7は元々Google reCAPTCHAに対応しているので

ワードプレスダッシュボードの左メニューにある

お問い合わせにカーソルを合わせると

インテグレーションという項目があるのでそちらを開いて

Google reCAPTCHAの

サイトキーと、シークレットキーを入力するだけです。

 

その後、

ワードプレスダッシュボードの左メニューにある

お問い合わせにカーソルを合わせて

コンタクトフォームを開き

編集をクリックして、フォームという文字の下、

テキスト メールアドレス URL などのタグがあるところに

reCAPTCHAボタンがあるので、そちらを押して

reCAPTCHAの表示設定画面が出てくるのですが

特に設定を変える必要はなく、このままで良いと思います。

その画面の下のほうに、[]でくくられたタグが出ているので

それをそのままコピーして、

コンタクトフォームの編集画面の

フォームの、送信の上あたりに貼りつけるだけです。

 

あとは、お問い合わせを見れば

Google reCAPTCHAの、ロボットではない、

というボタンが出ていると思います。

 

次の記事では

コメント欄へのGoogle reCAPTCHAの導入について

書きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました