悪質だと思ったインターネット回線を利用したテレビの勧誘

インターネット回線を利用したテレビの図日記

本当は一言で何のことかわかるワードがあるんだけどそれを書くと一社を特定してしまうのでインターネット回線を利用したテレビの勧誘という表現にします。

インターネット回線を利用したテレビの図

勧誘にきたインターネット回線を利用したテレビは、地上波も見れて、サービスに加入した人だけが見れる放送も見れるようです、そしてインターネット回線を利用しているからテレビの映りが悪いということもなくなるのだそう。

インターネットサービスもやっている会社が、地上波とはまた別の放送も見れるようになるインターネット回線を利用したテレビのサービスをやっていることが大半だと思います。

スポンサーリンク

インターネット回線を利用したテレビの勧誘に悪質だと思った理由

悪質だなあと思った一番の理由は、テレビのサービスに入会しませんか?と明確に言わないことです。突然ピンポンと訪問してきて今ここの町内では○○っていう工事をやっていて、災害時情報も見れるようになるんですよ?と、あたかも工事のお知らせかのように話を切り出してきます。

黙って話を聞いていると、災害時の情報を地域を限定した内容で見れますよの繰り返し。

まず、テレビのサービスに入会しませんか?こういうサービスがあるんですよ、と言うならわかるのですが、その悪質なテレビの勧誘は今、工事に回っていて、今までの回線はこうだったんですけど…、とあたかもうちのインターネット回線に工事が必要に聞こえるような切り出し方で、その次に地域を限定した災害時の情報が見れるようになりますという説明でした。

うちのインターネット回線は、その会社とは契約していません。ですから、うちのインターネット回線に工事が必要かどうか、その会社がどうこう言うことはあり得ません。

インターネットの話をしてもよくわからない高齢者を狙った手口

まだ高齢ではないので、なんとなく、ああ勧誘ねってわかるけど

インターネットのことがよくわからない高齢者には、利用しているサービスに何か変更があるかのように聞こえる、もしくは、無料で新しいチャンネルが見れるようになるかのように聞こえると思います。

契約、サービスに加入という言葉を一切使わないのです。

アンテナが不要になりますよ、ということもアピールしていました。そりゃインターネット回線でテレビを見るのでしたらアンテナは不要ですよね。しかし毎月の料金を考えると地上波を見れれば良いという人には映りが悪いのであればアンテナを買う方がはるかに安いです、アンテナは買い切りで月額料金も発生しなければ契約・解約という縛りもありません。アンテナを使っても映らないレベルに映りにくい場所に住んでいない限りは「インターネット回線を利用したテレビに加入すればアンテナ不要」という点にメリットはありません。

インターネット回線を利用したテレビのサービスは、実際の料金はどうなの?

契約する気はないけどいくらかかるんだろうと思ってHPを見たら、結構いいお値段するんですね。まあ…今から新たにプロバイダに契約するなら安いのかもしれないけど。既に他社プロバイダを契約している人が加入するなら地上波以外のテレビを見たい、どうしてもテレビの映りが悪いという人以外にはメリットはないように思う。

でも牛乳宅配の営業勧誘と違って、最後まで愛想は良かった点はまだましに思う。

牛乳宅配の勧誘の時は、こちらは決して冷たくあしらったわけではないのに、要らないですと伝えた途端、目の前で怒りをあらわにして暴言に近いことを吐かれたので。

うちは契約しませんと言ったらテレビの勧誘の方は速やかにそうですかわかりましたと帰っていかれました。

テレビも牛乳も、その会社のHPから勧誘しないようにする手続きは出来るのですが、こちらの個人情報を入力して勧誘をストップすることに私はリスクを感じます。こちらの個人情報を出さなければ会社としてもどの家に勧誘してはいけないのかわからないので仕方がないことだとは思いますが、黙って相手にしないことが無難だと思います。

工事の挨拶は本当に存在するから、工事を装った勧誘は悪質だと思った

本当の工事の挨拶は存在します。近所で工事をするから騒音や、道路に車を止めることを許してねと挨拶に来ることが存在するので

工事の挨拶を装ってピンポンに出てしまう手口に気をつけたほうが良いと思います。

このように詐欺まがいの勧誘をすると評判が落ちるのは会社なので、もうちょっと常識の範囲内で宣伝・営業出来ないのかなあ?と思います。もしも今後インターネット回線を利用したテレビと契約する機会があっても、このようなことがあった会社とは契約しません。

得体のしれない会社ならまだしも、この会社は誰でも知っているような会社です。プロバイダとしてはあまりメジャーではないけど、テレビのサービスの名前は誰でも知っていると思う。

戦わず、相手にせず、情報をインターネットで共有

インターネットが当たり前の今の時代に、悪質な勧誘・営業はこうしてインターネットで情報を共有することに意味があると思っています。本社に直接言ったり、勧誘を止める手続きをするよりも、インターネットで情報を拡散・共有して防御するほうが安全で有効だと思います。

相手を刺激せず、回避して相手にしない、何事もこれが最善です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました