Twitterでアカウント作成直後にアカウントロックされる意外な原因と電話番号認証なしで解除する方法

Twitterアカウント作成直後にアカウントロックになる理由と対策 ネットやパソコンについての勉強メモ

最近、Twitterアカウントを取得して始めようとすると

すぐにアカウントロックになってしまう。

大量アカウント作成とか自演フォロワー増やしや自演リツイートとか

悪意持った使い方はしていません、特に何かしたわけではないと思います。

同じIPでいくつもアカウント作成するとアカウントロックになるらしいのですが

確かに私は6個くらい複数アカウントを持っています。

自演目的ではなくて、趣味別に使うという目的です。複垢サブ垢は、なるべく私の他の所有アカウントと同じ人をフォローやリツイートしないようにしています。

複垢で自分のTwitterアカウントをフォローやRTして盛り上げる自演目的でしたら規約違反になると思いますが、趣味別にアカウントを使い分けることは規約違反ではありません。

最初は同じIPアドレスだからアカウントロックになったと思っていました、趣味など純粋な目的での利用ですが確かに6個くらいアカウントを持っています。

しかしスマホのテザリングを利用してIPアドレスを変えて更に一度もTwitterを利用したことがない端末でアカウントを作成しても、アカウント作成直後にアカウントロックになったのです。

スポンサーリンク

Twitterアカウント作成直後にアカウントロックになる原因は自己紹介の「よろしくお願いします」

これが原因と断言は出来ないのですが、違うIPアドレス、一度もTwitterを利用したことがない端末でTwitterアカウントを作成しても即座にアカウントロックになるので

考えられる原因が自己紹介に書いた「よろしくお願いします」しかないと思います。

Twitterアカウント作成直後にアカウントロックになる原因と解決方法

アカウント作成直後に即座にアカウントロックになっているから自分で書いたものはそのくらいしかないのです。プロフィールの自己紹介文はアカウント作成時に書くように促されるので一時的な仮の文章を書く人も多いのではないかと思います。

アカウント作成時に促されるおすすめフォロワー(大手会社や芸能人など)は3人くらいしかフォローしていないので大量フォローによるBAN(アカウント停止)ではないと思います。

又、出来れば不必要に個人情報を入力したくない私はパソコンからメールアドレスのみでTwitterアカウントを作成した点もアカウントロックになりやすい原因の一つなのかもしれません。個人情報が必須なサイトを利用したい時は住所名前電話番号などを入力して会員登録をするのですが、Twitterは元々メールアドレスだけでユーザー登録出来ます、2019年4月の時点でもパソコンからメールアドレスだけで登録出来ました。

アカウントロックは2アカウント経験しています。そのうちの一つはアカウントロックになってびっくりして電話番号を入力してしまったので身バレのリスクが怖くてアカウントを削除しました。突然アカウントロックと言われると何かすごく悪いことをしたように感じてびっくりして今すぐ解除しようとしてしまい電話番号を入力してしまいました。

そして今回2つめは電話番号なしでお問い合わせだけで解除しました。(それはこの記事内の下に書きます。)

これらのアカウントは、プロフィールとか自己紹介文とかは後でやろうと思って、とりあえず自己紹介に「よろしくお願いします」と書きました。他のアカウントと同じ自己紹介文やヘッダー画像やプロフィール画像やツイート文章を使いまわすのもアカウントロックになる危険性があるようなのです。

私の場合、IPアドレスも端末も変えているので、他のアカウントと同じものを使いまわしたというよりは、同じ自己紹介文の人が多数いる「よろしくお願いします」と1行の自己紹介を書いてしまった文章がTwitterの規約違反を感知するセンサーにひっかかってしまったのだと思います。

多くの人が同じものを使うような自己紹介文やプロフィール画像は使わないほうが良いのかもしれません。フリー画像、フリーアイコン、こんにちは・はじめましてみたいなありきたりな自己紹介文も危険なのかもしれませんね。フリー画像といっても無数にあるからそう簡単には人とかぶらないとは思うけど自分で作成したものなら人と全く同じ構図になることはないと思います。

Twitterを始めたら、手打ちで自分の言葉で「こういう理由でTwitterをはじめてみました、何々が好きです、他には何々と何々が好きですね。」という感じに自己紹介を長く入力したほうがいいのかもしせません。似たような内容であっても自分で手打ちで打てばそうそう他の人と全く同じ文章にはなりません。自分で入力して書いている場合、言い回しって意外と人と全く同じにはならないんですよね。なるべく詳しく自己紹介を書いたほうが安全なのかもしれません。

Twitterから通告された、私がアカウントロックになった理由は「自動化に関するルール違反」でした。BOTが大量にツールを使ってアカウントを作成するようなことだと思います。もちろんそういうことはしていないのですが、ありきたりな自己紹介を書いてしまいTwitterの取り締まりもまたBOTによるツールでしょうから機械によるセンサーにひっかかってしまったのだと思います。

Twitterのアカウントロックを電話番号認証なしで解除する方法

アカウントロックになると、あたかも電話番号を入力しないとロックを解除出来ない画面が出ます。そしてアカウントロックの怖いところは、今作成したばかりのアカウントはまだ何も書いていないし消えても困らないのでどうでもいいのですが、アカウントがロックされたまま放置すると、自分が所有する他のアカウントまで巻き込まれ道連れになってアカウントロック、凍結、強制退会、BAN、今まで書いたツイートが全削除されるリスクがあることです。アカウントロックされたTwitterアカウントはもう使わないにしてもアカウントロックに遭ったら解除したほうが良いです。ロックされたまま退会ということも避けた方が良いです。

アカウントロックになると、Google reCAPTCHAの認証と電話番号の認証をクリアしてくださいというような内容が書いてあるページが強制的に表示されます。

そのページの上部をよく見るとヘルプがあり、そこから

ヘルプセンター→お問い合わせ→すべてのサポートトピックを表示→凍結またはロックされたアカウントとたどればアカウントロックを解除するために申請する「アカウントの凍結またはロックに異議申し立てをする」というページにたどり着けますが

以下のページにアクセスすれば一発で異議申し立て申請に行けます。

Appeal an account suspension or locked account

ドメインが公式になっているからこのURLから申請しても安全だけど心配だったら上記を参考に自分で辿りついてください。

アカウントロック解除のための異議申し立てには何て書いたらいいのか

「アカウントの凍結またはロックに異議申し立てをする」では以下のように入力します。

問題の詳細に関しては機械が判断している可能性があって自分の気持ちを書いても通用しないので下記をそのままコピペして貼りつけるか「アカウントロック 解除 電話番号認証なし」という言葉を含めて書くようにします。

この問題はどこで発生しますか?は、問題が起きた端末を選択します。

問題の詳細は、「アカウントロックを電話番号認証なしで解除してください。」と書きます。

氏名は、ユーザー名でも良いのかもしれませんが、私は日本語らしい日本人の氏名っぽい名前でニックネームを入力しました。本名で構わない方はもちろん本名でも良いです。

Twitterユーザー名は、アカウントロックに遭ったユーザー名を入力します。

メールアドレスは、アカウントロックに遭ったアカウントのメールアドレスを入力することが無難です。そのメールアドレスで必ず受信出来る状態にしておきます。(メールボックスの容量不足や迷惑メール対策などで弾かれないように。)

電話番号(日本未対応)は、空欄でOK

異議申し立て後に届いたメールに必ず返信すること

異議申し立てをすると、私はその直後に

「ご利用のアカウントには、Twitterルールに違反する自動化動作が見られます。」という内容のメールが届きました。

異議申し立てだけではアカウントロックは解除されないので、

異議申し立て後に届いたメールに必ず返信します。

そのメールには電話番号認証しなくちゃいけないように見える内容が書いてあるのですがそれは無視して良いので、

一行目に「自動化動作はしていません、アカウントロックを電話番号認証なしで解除してください。」と付け加えて相手の文章を残したまま返信します。

上記をコピー&ペーストでメールに貼りつけて返信しても良いですが、オリジナルで書きたい場合は気持ちを書いてもTwitter側のBOTによる審査には伝わらないので「自動化動作 アカウントロック 解除 電話番号認証なし」というワードを含めて書きます。

私は夜にこの手続きをして翌日の昼くらいにアカウントロックが解除されていました。

解除されたら、またアカウントロックされたら困るので出来るだけ早く

Twitterのプロフィールの自己紹介文をなるべく詳しく書き、自分で撮った写真や自作画像などオリジナルのアイコンやヘッダー画像をアップロードし、手打ちでオリジナルの言葉でいくつかツイートをしておきます。自分がBOTではなく人間であることを示します。

アカウントロックを防ぐ対策

アカウントロックにならないように防ぐ方法としては

  • 同じIPアドレスで短期間にいくつもTwitterアカウントを作らないこと
  • 自演目的でアカウントを使用しないこと
  • 特定のツイートを複数のアカウントでリツイートしないこと

など、基本的な対策も必要ですが

ありきたりなプロフィールを作らないこと、という点も重要だと思います。

アカウントロックされて困ってインターネット検索で調べる方は、複数アカウントを悪用してはいけないことは誰だってわかっていると思いますし、そんなことはしていないと思います。

私自身、別のIP・別の端末ですらアカウントロックになって初めて私がアカウントロックになる原因はIPアドレスではなくて、ありきたりなプロフィールによるものだと気づきました。

とりあえず適当に書いておいて、後でゆっくりプロフィールを作ろう…これがアカウント停止の原因になってしまうのです。

こんなのでBANになってたらSNS出来ないじゃん…って思うのですが、明らかにBOTらしき変なアカウントや怪しい営業目的のアカウントは無数にあるので、それらが作成されることを防ぐために仕方ないことなのかもしれません。

これから新規でアカウントを作成する際にはアカウント作成時に入力を求められるプロフィールの自己紹介文入力欄に手打ちで長々と明確な自己紹介を書いたほうが良いと思います。はじめまして、よろしくねの一文のみはやめたほうが良いです。

しかし随分前に作ったアカウントでよろしくのみでもアカウントロックになっていないアカウントもあるので明確な基準はわかりません。そのアカウントは自己紹介はよろしくのみですがヘッダーやアイコンは自分で作成した画像にしていたのでロックされなかったのかもしれませんが、だいぶ前に作ったアカウントなので今より規制が厳しくなかった可能性もあります。

アカウントロックになってもお問い合わせから申請すれば解除してもらえる可能性は高いので、そちらの点はあまり心配しなくても良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました