Visa認証サービスのパーソナルメッセージとは

クレジットカードの絵 ネットやパソコンについての勉強メモ

Visa認証サービスのVisa認証パスワードを設定する時に

パーソナルメッセージを登録してください、って出てくるんだけど

パーソナルメッセージって何を入力したらいいの?

何を書けばいいの?ってちょっと迷った。

 

使っている銀行にもよると思うんだけど

私の使っている銀行は

Visa認証サービス設定画面では例文とか書いてなくて。

 

インターネットで

Visa認証サービス パーソナルメッセージ などで検索して

Visaを扱っている色んな銀行のHPを見てまわった結果、

パスワードほどバレないように巧みに考えなくてもいいけど

自分だけがわかる簡単な日本語を打てばいいと解釈した。

スポンサーリンク

適当に考えた簡単な文章を日本語で書けばOK

パスワードを連想させるような言葉は打たないようにして、

「オムレツが好き」とか「海外旅行に行きたい」とか

簡単な、自分オリジナルの文章を指定された文字数以内で

日本語で入力すれば良いみたい。

 

私はパーソナルメッセージという存在を知らなくて

Visa認証サービスのVisa認証パスワードを設定していなかった。

設定していないとどうなるかというと、

ネット通販、ネットショッピングにVisaカードを使う度に

パスワードもなしで、カードのおもてにある番号を

入力するだけで買い物出来てしまうので危ない。

 

銀行のキャッシュカードでいうところの

カードのおもてに書いてある口座番号を入力するだけで

買い物出来てしまうような状態だと思う。

デビットカードも含めた、クレジットカード番号は

人に知られないように使うものだと思うので

口座番号のように人に知られていないため、ある程度は大丈夫だと思うけど。

カードはネット通販だけじゃなく、持ち歩いても使うものだから

いつどこで誰にカード番号を見られているかわからない。

設定しないよりは若干安心程度の効果しかない

Visa認証サービスのVisa認証パスワードを設定したことにより

今後は、ネット通販でVisa利用時に

パスワードも求められるようになります。

しかしこれは加盟店でのみVisa認証パスワードを求められるようになるので

加盟していないお店やサイトで買い物した時はVisa認証パスワードの入力は求められず

設定前と同じようにカード番号と名義人の入力だけで買い物出来てしまいます…

 

設定したのにパスワードなしで買い物出来てしまうケースについては
次の記事に書きました。

visa認証サービスを設定したのにパスワードなしで買い物出来てしまった
visa認証サービスのパスワードとパーソナルメッセージを設定したのに ネットショッピングで買い物した時に visa認証サービスを設定していなかった時と同様に パスワードを求められることなく、 カード番号とカード期限と...

 

普通の人は、たとえ他者のカード番号を知ったところで

不正利用なんて出来ない、足がつくし

そもそも人様のものを盗もうとも思わない。

だけど何があるかわからない世の中なので

もしもネット通販の買い物にVisaを利用しているのなら

Visa認証サービスのVisa認証パスワードを設定することは

しないよりはしておいたほうがいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました