Twitterでアプリ連係解除をしたらパスワードも変更したほうがいい理由

Twitterでアプリを解除したらパスワードも変更したほうが良い理由ネットやパソコンについての勉強メモ

Twitterでアプリを承認・連携すると、そのアプリによってはツイートやフォロワー、そしてダイレクトメッセージまで見れてしまうものもあります。それはアプリを連携する時の確認画面に出ています。

最近は連携アプリが大手サイトのものであっても、ダイレクトメッセージを読み取る権限まで求められることもあるので、連携時は権限をよく見て確認したほうが良いです。

サービスを利用するために、Twitterの中を読み取る権限に同意して、アプリ連携をしていると思います。

アプリ連携を解除する時に、連携したアプリが大手サイトの安全なものであったとしても、連携を解除した時はTwitterのパスワードも変えたほうが良いです。

手順は、アプリ連携解除→(念のため)一旦ログアウトしてからまたログイン→パスワードを変更→(念のため)一旦ログアウトしてからログイン、で完了です。

同意して連携した安全であろうアプリを解除する時も、うっかり変なリンクを踏んでしまって変なアプリと連携されてしまって解除する時も、この手順でパスワード変更しておくと良いです。

スポンサーリンク

Twitterでアプリを削除した後はパスワード変更をしたほうが良い理由

なぜ、安全なアプリであっても解除した時にパスワードも変更したほうが良いのかといいますと、Twitter側からは連携を解除しても、連携先のサイト側からは連携が外れていない時があるからです。そうなりますと、例えばTwitterで呟いたことが他のサイトにも表示されるように連携していたとして、Twitterの管理画面からは連携を確かに削除したのに、自分のツイートが連携先のサイトに表示されてしまうということが起こります。

Twitterでアプリを解除したらパスワードも変更したほうが良い理由

Twitter側からは確かに連携を解除したのに、ツイート内容やフォロワー情報、ダイレクトメッセージが、連携していたサイトに渡り続けることが起きてしまう可能性があるのです。そしてツイッターの管理画面からは削除されているので、やがて、自分の情報がどのサイトに流れてしまっているのかもわからなくなるリスクがあります。

ですから、Twitterのアプリを連携解除した時は、アプリを連携していたサイトが確実に安全なサイトであっても、Twitterのパスワードを変更したほうが良いです。

自分で納得して連携したものを、解除したつもりで解除されていなくても、そう大きくは困らないとは思うのですが、Twitter側からは解除したのに連携が続いていることは良い気分ではないですよね。

こういったことは昔、遭遇しました。今も起こり得るのかはわかりませんが、念のため、連携解除後にパスワードを変更しておくのが安全でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました