パクリリライトを発見する方法と、パクられた私の記事を公開

私の投稿からパクられた部分に黄色い線を引いた 無断転載やパクリリライト対策

全く無知の状態からワードプレスでブログを始めているから、ブログをコピー&ペーストでパクリリライトされて明らかにコピペした文章を一部表現を変えたり文章を付け加える手法でパクリリライトされても

それに気づく術はなかったし、気づいた後も、元の文章を書いた本人である私にはコピー&ペーストでパクってリライトしたであろうことがわかるけど、客観的に見てそれを主張するのは勘違いに映っちゃうんじゃないかな…って躊躇いがあったり。

人の被害に、被害を受けたわけでもない他者は興味がないものだと思っています。

だからこれがパクられたんだって主張したら私自身が面倒くさくなるんじゃないかなって思って、どの記事がパクられたのかは今まで書かなかったけど。

でも最近閃いた、パクられ元の自分の記事を晒す分には別にいいんじゃない?って。

パクった相手の記事をキャプチャ撮って晒すとかは、パクった相手であろうとも、私にも非が出来ちゃいそうで出来ないけど

パクられた元の、私の記事を晒す分には、私が書いたものなんだから自由じゃん。

というわけで今回は、

  • どうやってパクられたことに気づくか、パクリ投稿を見つける方法
  • パクリリライトの手口、特徴
  • パクられた私の投稿記事

を紹介しますね。

スポンサーリンク

自分のブログ記事がパクられたことに気づく方法

私がパクリ投稿に気づいたきっかけは、Google Search Consoleです。

当時は、あまり情報のないキーワードで、順位が変動していたから異変に気づいた。

グーグルサーチコンソールで順位が落ちたからって、必ずしもパクられてパクリ投稿があったとは限らず、私のような弱小ブログは、後から書いたのであっても同じネタを力のあるブログの人が書けば、簡単に順位が落ちるでしょう。充実した内容とか、SEO対策とか、ドメインパワーとか、そういった面で負けることは不思議ではないので検索順位が落ちたからってパクられたとは思っていません。

ただ、検索順位が落ちているのを見て、私は

「他の人はどういうふうに書いているんだろう」と、今後のブログの書き方の参考にしたくて、同じキーワードで書いている人のページを見て回りました。

その結果、検索上位にあるブログが、私の投稿をコピー&ペーストしたであろうパクリ投稿であることに気づきました。

検索順位の変動をチェックすることで自分の投稿がパクリリライトされていないかのチェックにもなる

サーチコンソールを開き(新しいサーチコンソールも実装されたようなのですが、私はまだ旧サーチコンソールを利用しています)、ブログを選択して、検索トラフィック→検索アナリティクスと進み、検索順位にチェックを入れると現在の検索順位を見ることが出来ます。

そしてキーワードの横にある小さなマークをクリックすると、そのキーワードでのGoogle検索結果が出てくるので、それらの記事を見て回ると自分の記事をパクられたパクリ投稿に気づくことがあります。

パクリ投稿をする人は検索下位の人からはパクらず検索上位の人を狙う

サーチコンソールの順位変動からパクリ投稿を見つける方法は、自分が検索上位にいる状態じゃないと使えないけど、

パクリ投稿を常習的に行っている人は多分、Google Adwords(グーグルアドワーズ、現在の名前はGoogle広告)の機能であるキーワードプランナー等で検索上位にくるキーワードから検索をして、あまり検索下位の人からパクらないと思います。

パクリリライトをする人の手口

コピー&ペーストでのパクリ記事は著作権侵害の申請が容易いと思うので、今回はコピー&ペーストでそのまま貼ったようなケースは割愛します。

今回の記事では、コピー&ペーストしたものを一部表現を変えてパクるという、パクられた側から見たらなんとも言えない悔しさ、悲しさを覚える手法である、パクリリライトについてのお話しをします。

その手口を私は図に書きました。

パクリリライトの手口

 

パクリリライトの手口は大きく分けて二つ。

一つは、パクリ元からコピー&ペーストして貼ったものに、上からそのまま一部表現を変えたり文章を付け加えるなどリライトしてパクリリライトであることがバレないように試みたもの。

もう一つは、一度コピー&ペーストしたものを、文章の順番を入れ替えてから、一部表現を変えたり文章を付け加えてパクリリライトであることがバレないように試みたもの、ですね。

一人一人のオリジナルな表現の部分を平気でコピー&ペーストするからパクリ記事であることがバレる

パクった当人はバレないと思っているし一部表現を変えるリライトをしたことをオリジナルで書いたつもりになってパクった自覚すらない人もいます。

でも原文を書いた本人から見たら、すぐにわかります。

同じことが書いてあるように見えても必ず一人一人オリジナルな表現の部分があります。

それを日頃から自分で文章を書いている人はわかりますし、日頃からパクリ投稿するような人にはわかりません。パクリにならないように人の投稿をリライトすることは非常に難しく、本当に自分で文章を書いているのであれば手打ちで打って書いたほうが早いのです。

パクリリライト、パクリ投稿する人の特徴としては、そこを同じ表現で書いたらバレるでしょ、っていう致命的な部分をコピー&ペーストしてしまっているのです。

私の当ブログからパクリリライトされた記事、パクられ元である私のブログ記事を紹介します。

これは私の投稿、パクられた側、パクられ元の記事のキャプチャであって

パクった相手の記事ではありません。

パクられたからといって誰かを晒すようなことは後に私も疲れるのでしません。

そして、私も全く無知の状態からブログをやっているので、どうしてパクった挙句、後から投稿した人が検索上位にきて、私の投稿の順位が落ちるのかわからずに、あれこれ試行錯誤してしまい、私は元の投稿にあれこれ加筆をしてしまい、今は原型を留めていないことと、

たまたまなのか、相手も今は記事タイトルも文章も更新して、パクられた当時のものとは違っているので、今の現状ですとパクリ投稿は成立しません。

それもあって今回、この記事を書いてもいいかなって思って書いている。パクられた当時にパクられた記事がどれなのか書いてしまうと必然的にパクった相手がわかってしまうため、名指しでどうこう言うのはしたくないので躊躇いがあったけど、今は第三者がパクった相手のページを見てもパクリ投稿であったことがわからないと思うので、名指しにあたらないと思います。

パクられたというのは今から1年くらい前の話となります。その当時は、私の投稿をコピーしたであろう記事タイトルと文章でした。

これが私がパクられた記事のキャプチャです(私の投稿)

パクられた私の投稿の現在のページはこちらなのですが

DCB_ASSOCIATIONって何!? (解決済み Google Playのキャリア決済の審査に送信するSMSなので安全、そして8023とは何か
DCB_ASSOCIATION、+496966100101という番号にスマホから送信されるSMS(ショートメッセージ)について解説しています。Google Playの支払いにキャリア決済を選択した際に審査のためにこちらのメッセージが送信されます。

ワードプレスは記事を更新しても更新前の投稿内容が全て記録されているので、いつでも元の投稿を出すことが出来ます。私がこの記事をブログに投稿した2017年3月時点での文章のキャプチャを以下に貼ります、パクリ投稿されたのは2017年の3月時点での文章からでした。

パクられた私の投稿記事

↑日付を出すために画面全体のものを貼りましたが、これだと見づらいので

↓文章のみを以下に貼ります。

パクられた私の記事の文章の部分を拡大したもの

パクられたことに気づいた当時、(気づいたのは2018年4月くらい)

序盤だけでもこのくらい、私の文章と一致していました。黄色い線で引いた部分です。

私の投稿からパクられた部分に黄色い線を引いた

どの部分をパクられたか全部は覚えていなくて、序盤しか覚えていないけど

明らかに私のブログからコピー&ペーストしたものをパクリリライトしたであろう内容でした。

話の切り出し方や一人一人違うはずのオリジナルな表現が一致するのは不自然

私は常に手打ちで、自分の表現で文章を書いているので

序盤だけでもこんなにも、言いたいことの表現や話の切り出し方が一致することは偶然にしては不自然に思います。

同じことを言うにしても自分で書いたのなら全く同じにならないと思うのです。

パクられた側の気持ちを考えてみて欲しい

この件を相手にどうこう言うつもりはありませんし、何かする気もなければ、戦う気もありません。

2017年くらいはこの記事の内容についてあまり情報がなかったのですが、今は検索するといくつか出てくるので、そんなに価値がある内容だとも思っていません。私は文章がうまいわけでもなければ、何か特別な情報を持っているわけでもなく、特に価値があるブログでもありません。

しかし、書いたものをコピー&ペーストされて、相手に自分のものとして投稿された側は、とても悲しい気持ちになります。

パクられて悲しい気持ちになることにブログのレベルは関係ないと思います。私のようにレベルの低いブログだからってパクられて何とも思わないわけではないのです。

「実際にやってみたことを記事に書く」それは「やってみる」ことに何時間もかかることもありますし、あれこれ推敲すると意外と時間がかかります、なんでもない内容でも何時間もかかったりすることもあります。しかし人のをコピー&ペーストしたら、本来何時間もかかることが5分で出来てしまうのです。

やった側は何とも思っていないのかもしれないけど、もし自分がされたら…と考えてくれる人がいたらいいなあと思います。

誰か一人に宛てているわけではなく、リライト対策として意味がある情報になれたらいいなと思ってこの記事を書いています

今回挙げた記事をパクった相手一人に宛てているわけではなく、このブログ以外でも、色んな場所で「完全なコピー&ペーストではない、パクリリライト」に遭遇しています。それを含めて、パクリリライト対策記事を書いているので誰か一人に向けているわけではありません。

完全なコピー&ペーストではないため、パクリリライトだと強く主張することも出来ず、パクられた側はただただ悲しい気持ちになります。そういったことが今後なくなればいいなと思って、これからも対策を考えていきます。

人の文章をパクって投稿する人はどこにでも必ず存在する

パクられてしまったのは、私の知識が乏しいから、ということもあると思います。

何も対策しなければ、今回挙げた記事の件がなくても、パクられているでしょう。

だから、パクった人一人にどうこう言うのではなく、

これをきっかけにパクリ対策を考えて、意味ある情報になっていくことが出来たらいいなと思っています。

誰だってパクられたら嫌な気持ちになります

パクられた人は皆、こう言います「参考にするのは別にいい、パクリ投稿するのはやめてくれないかな」って。

リライトならパクリじゃないなんて屁理屈で、人のをコピー&ペーストしたものに、一部表現を変えたり、文章の順番を変えたり、文章を付け加えただけなんて、コピー&ペーストとやっていることは同じでしょう。

他のパクられた方たちも言っているように、参考にするのはいいのです。皆、インターネットで調べて情報を得ていくものですから。ただ、やり方だけを参考にして、後は自分でやってみて、手打ちで自分で文章を書いてほしいのです。

一つでもパクリ記事が発覚した人は他の記事も他人からのパクリリライト投稿である可能性が高い

パクリ投稿とは結果的にご自身に不利だと思います、バレた時に今までしてきたことが全部発覚してしまうリスクがあるので。

パクリ記事をやっている人が、たまたま一つの記事だけをパクったという可能性のほうが低いと思います、常習的と考えるほうが自然でしょう。

そしてブログの中には、本当にご自身が書いた記事もあるのではないでしょうか。せっかく自分で書いた記事も無駄になってしまいます。もし人気ブログだった場合はバレた時に痛手も大きいでしょう。

気づいた相手が一人二人のうちは何も起きないと思うけど…。

私はパクった相手であっても、何もしませんし出来ません、それは断言します。

パクっていくほどにパクられた人数も増えていきます、人数が増えるほどに色んな人がいるでしょう、それはパクリ投稿をしているご自身へのデメリットではないでしょうか。

私はパクられたことにより今こうして記事を書いています、嫌だったことも迷惑だったことも、情報となっていただいてインターネット上で役に立ってくれれば、それが誰にも迷惑をかけない消化方法だと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました