牛乳やヨーグルト宅配勧誘の非常識さに驚き

迷惑な牛乳宅配の営業 牛乳宅配勧誘営業について考える(消費者側より)

起きた出来事を自由に書き綴りたいので

どこの会社、メーカーかは伏せます。

 

牛乳やヨーグルトの勧誘に、

数点のお試しをくださり

後で瓶の回収と共に勧誘をする某牛乳の宅配営業の話です。

 

受け取ったのも悪いとは思うけど

回収時、あまりに非常識で驚きました。

こちらも、お試しさせてもらったから

「要りません、では!」は悪いと思って

勧誘者の説明を、へえー、そうなんですねー、と

ある程度は聞いていました。

日常生活でもそうだけど、興味がなくても一区切りまでは話を聞いてから

断るなり離れるなりするのが無難だと思っているので。

スポンサーリンク

買わないと言った途端、目の前で、あからさまに怒りをあらわにした牛乳宅配の営業

長々と説明を受けて、牛乳宅配の勧誘員が話をやめないので

そろそろ疲れてきたなあと思って、

やんわりと購入の意志がないことを伝えると態度が一変して

怒り口調で「じゃあなんでサンプルを受け取ったんですか!?」などと

キレるように発言し、最後に「じゃあもういいです!」と言い放ち帰っていきました。

目の前でキレて帰った牛乳宅配の営業

自分のために、

残念なことや多少イラッときたことがあっても

一時的に感情をセーブすることは出来ないのでしょうか?

営業車に戻ったら社員同士で愚痴ればよくない?

そんなわずかな時間も我慢できないの?

商品のサンプルとは購入を検討するためにあるものではないのかという疑問

商品のサンプルとは、商品の購入を検討するために、

そういう商品があるということを知ってもらうためにあるものであり

購入を前提に利用するものではないですよね。

キレて帰った牛乳宅配営業に対して思うことは

そちらから事前の許可もなく、ある日突然家にやってきて

インターホンをピンポンと鳴らして住人を呼び出しておいて

「飲んで感想を聞かせてくれるだけでいいから」と言い、

自分からサンプルを置いていって、

買わないならなんでサンプルを受け取ったんだ!?という発言は

随分と自己中心的でおかしな話ではないですか?

なんで受け取ったんだ?って、こちらとしても

じゃあなんで持ってくるの?って話ですよ。

それなら、購入を前提のお客様にお配りしています、とでも言ってください。

こちらは感想を聞かせてくれるだけでいいですよ、としか聞いていません。

不健康な人に健康食品をすすめられても説得力がない

非常識で不健康な社員を勧誘の営業に行かせるような会社の製品は

宅配はもちろん、スーパーなどに並んでいる商品も含めて

金輪際買わないことにしました。

営業車に戻って好きなだけ愚痴ればいいのに

そんな短時間も感情をセーブ出来ないような不健康な人に商品をすすめられると

商品の説得力がなくなります。

商品の印象まで悪くしてしまいます。

商品に興味を持ってもらうために営業をしているはずが、

何もしないほうが商品の印象が良かったと思います。

不当なイライラは不健康である証

健康だったら、怒るようなことじゃないことに

そこまでイライラしないと思います。

健康な人だって、多大な迷惑をかけられたらイライラしますし

キレることもあるかもしれません。

しかし、勧誘に断られるなんて営業職である以上、日常茶飯事でしょうし

それをわかっていて自分で選んで今の仕事に就いているのではないのでしょうか。

断られるシーンがあること前提の仕事ですし、

それ以前に、勧誘に断られたくらいで怒る必要があることでしょうか。

クレームは何年も前からインターネット上に出ている

他の人はどう思っているのかな?と思い、

インターネットで、そのメーカー名 牛乳 宅配 勧誘 で検索すると

数多くのクレームの声が出ています。

何年も前から出ています。

それでもどうにかしないから今に至るのだと思います。

私は、その会社の体制を知りませんので、ご事情があるのかもしれませんが

消費者として、客側として見ると

このメーカーの非常識な人が勧誘に来たという印象しかありません。

そういった人たちを野放しにしているのもまた、

そのメーカーなのだという印象しかありません。

勧誘に来る前は、私にとっては、そのメーカーの商品自体の印象は良かった

過去、私はそのメーカーの、あるヨーグルトがお気に入りで

値段は少しお高めですけど

スーパーでまとめ買いしていた時もあります。

しかし勧誘の件以来、商品全てに良くない印象しか持てなくなりました。

商品自体が変わったわけではないのですけどね。

企業やブランドのイメージとは大切なものなのだと思います。

 

私一人が商品を一切買わないことにしても

その企業は、1ミリたりとも影響を受けないと思います。

しかし私が買わなければ私はそれでいいのです。

私の人生は私の人生、人の人生は人の人生ですから。

 

非常識な人、迷惑な人も

このようにインターネット上で情報として役に立ってくれるので

私はこういったことに遭遇してもマイナスには感じていません。

実害はないので。

セールスがインターホンを鳴らしても出ない、買う気がないのならサンプルを受け取らないこと

セールスお断りの文字はインターホンのところに貼っていたのですが

文字のみのシンプルな表記だったので無視してピンポンしてこられました。

常識に欠ける人でもピンポンしちゃいけないことがわかるような

図説入りの明確なセールスお断り表記が必要なようです。

訪問販売のピンポンには出ないことを徹底する

宅配などのように正当なピンポン以外は絶対に出ない、

たとえ魅力的に見えても訪問でのサービスや商品は相手にしない、

特に、子供のみで留守番時間がある時や

お年寄りがいるご家庭は、出ないように徹底することが必要だと思います。

又、家族全員で無料でも訪問販売から何かを絶対に受け取ってはいけないルールを

決めておいたほうがいいかもしれません。

日常生活おいて、セールスから買う必要があるものは存在しない

訪問販売やセールスから購入しなければ困るものは存在しません。

こちらからお申込みするものや

店頭で買えるものを利用していれば良いのです。

今の時代はクレームを言うよりも、客が黙って離れる時代

某会社にも非常識な営業者にも何も望んでいません。

私の会社じゃないので、消費者である私は需要に合わないなら離れるだけ。

私にとっては、なくなったら困る商品はないので。

なくなっても他のメーカーのものがいくらでもあります。

誰かと喧嘩したり個人情報を渡すリスクを背負ってまで文句を言うよりも

この飽和時代に、他に代わりはいくらでもあるのですから

黙って離れて他にいくほうが賢明でしょう。

ノルマや報酬があるから必死にサンプルを配布している可能性もある

セールスに出ないことはもちろん、

今後、宅配営業の牛乳のサンプルは絶対に受け取りません。

私は、牛乳宅配をする会社の中の仕組みは一切わからないので

想像でしかありませんが、客がサンプルを受け取った時点で

会社から従業員に何かメリットを与えているのかもしれませんし

何軒に受け取ってもらわなきゃいけないようなノルマがあるのかもしれません。

購入の意志がないなら受け取らないに越したことはないと思いました。

興味がないのなら、興味がある素振りを一切見せないことがお互いのため

ちょっとでも話を聞いてしまうとサンプルを受け取ってしまう可能性もあるので

今、手が離せませんので→インターホンを切る、

これ以上喋らないのが良いと思います。

宅配牛乳に興味のあるご家庭に行っていただくのがお互いに良いと思います。

コメント

  1. まつ より:

    参考になりました、ありがとうございます
    。(^^)

タイトルとURLをコピーしました